コーチング

今の仕事が向いていない 悩み脱出ヒント!

今の仕事を続けられるか

30代に入り仕事に対して一番出てくる悩みがこの「自身の今後」について

これは男女ともに出てくるものだと思います。
新卒で就職をし30代に入り10年働いて、職場の立場も上がってきた時

「この仕事本当は、自分に向いていないんじゃないか」
「本当はあの仕事をやりたかったけど、とりあえず就職してここまできてしまったな」
「この先もこのままハードな仕事をこなす毎日を続けられるのか」
「後輩ができて上手な指導ができなくて困っている」

そんな、想いが出てきている人は多いと思います。

独身の方でしたらどうでしょう?
じゃぁ、転職しよう!と行動できる人は多いかもしれませんが、既婚者、お子さんが居たり、親の介護や仕送りをしている人は簡単に今の仕事を手放すのはできないと思いますよね。
特にこのコロナ禍ならなおさら

それは怖さが伴うとても勇気のいる決断だと思います。

そんな時に自分でその悩みから脱出できるヒントを今日はお伝えしますね!

自己対話 解決策ヒント

私たちは、長期的な悩みは「過去」と「未来」に囚われているのにお気付きですか?

上記のような悩みを見てみると過去の自分の選択や自分の今後(未来)の心配で苦しんでいます。
私たちは、今の目の前のことにフォーカスすることが苦手なんですよね。なので、迷いが出てきたときは、「今、本当はどうしたいか?」にしっかり意識を向けてみると新たな、視点で解決策が見えてくる場合があります。

なぜ「向いていない」「続けられない」と思うのか理由を書き出してみる

今の仕事で楽しさや達成感を感じたことを書き出してみる(複数可。どんなに小さなことでもいいです)

人生で自分が一番大切にしていることは何か考えてみる。自己分析
(お金・環境・身体/ 健康・人間関係・時間/余暇・成長/スキル 
10点満点でそれぞれに点数をつけて順番に並べて❶の答えと照らし合わせてみる)

趣味やプライベートを充実させてみる
(思い切って、興味あることに挑戦してみる!読書や散歩、習い事の一日体験でも、新しい価値観に触れることができます。)

3年後のなりたい自分をイメージする(具体的に:どこで/誰と/何をして/その時どんな感覚か)

悩み相談のプロに頼ってみる 
(身近な友人や家族、人事などではなく第三者に相談すことで客観的にアドバイスや気づきを与えてもらえる)

これらはごく一部ですがまずは、その悩みの視点を変えてみることが方法のひとつです。
強い意志で、「やりたい!」と思うことがありながらも、長期的にやめられず悩んでいる方は別の方法が必要となってきますが、

そうではなく、なんとな~く仕事に対してモヤモヤズルズル悩みのループにはまっているのであれば、ぜひ上記の方法を少し取り入れてみてくださいね!

30代になってたくさんの環境変化があると思いますがどんな環境でも自分が「楽しい!」と思えるマインドが仕事へのモチベーションに繋がります。それを大切にしてほしいと思っています

今日も読んでいただきありがとうございます。

————————————
ご挨拶遅くなりました。
2021年新たに30代の方が抱えやすい悩みを中心にBlogを書いていこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします♪ 

メンタルコーチ NATSUKI

この記事をシェアする