コーチング

やりたいことを見つける方法のヒントは 過去にもある

自分は本当は何がしたいんだろう?

その答えは、自分の価値観や使命を知ることや目の前の興味のあることに積極的に取り組むことなど方法は色々あります。今日は、こんな方法をお話します!

自分の過去にヒントがある

小さい頃から、自分がいつも大切にしてきたことを振り返ってみたり今までの人生を見つめ直すと、この先の未来のやりたいこと、やるべきことのヒントがあったりする!

**************

私は、メンタルコーチ になったのは過去を振り返ったら、自分のやるべきこと・やりたいことに気づいたからなんです!

例えば、、、

♦︎クラシックバレエを習って舞台でキラキラした衣装を着て照明を浴びた過去

→好きなことでキラキラしたものに囲まれて体を動かすこと

♦︎学生の時部活でダンスリーダーとして指導

→誰かを育てたり、物事を教える立場でいつもいること。そしてその子達が成長する喜びを感じる

♦︎勤め先のホテルで新しいイベントを自ら提案・企画する

→何か常に新しいことにチャレンジする姿勢がある

 

今の自分

・キラキラした結婚式場で働く喜びを感じながら、メンバー教育を経験

・メンタルコーチ として前向きに成長するクライアントの力になってそれを喜びにしてます。そして、今は、ブライダル業では苦手意識があった手先を使うドレスメンテナンスの仕事を!!?

(*写真はイメージ)

・プライベートでは、プリザーブドフラワーの資格を取得中


という過去の私を知っている方は、意外すぎて「どした?」「花なんか興味あった?」

なんて言われます、、、泣

***************

「これからどうしよう?」

なんて先のことを考えるのも大切だけど、一旦立ち止まってゆっくり

【今までの自分の過去を振り返って】

みると、ヒントが隠されているかも!!?

「よぅここまで生きてきたな!」

「すごいぞ!自分!」

「ところで過去の自分よ。未来へのヒントをくれ!」

ってね٩( ‘ω’ )و

今日も読んでくれてありがとうございます*感謝*

この記事をシェアする