コーチング

”みんなと仲良く”より ”距離をおく方法”のが断然役に立つ

みんなと仲良くは難しい

学校や家庭での基本的な教えは、「お友達とはみんな仲良くしようね!」
私達も、そう教わってきました。でもそうやって口にするのは、簡単。

でも実際は、大人の私たちでも実は難しいですよね。ママ友や、会社での対人関係。無理して一緒にいると、自分が嫌な気持ちになったり、楽しくなかったり、最悪「あの人は○○だ」って愚痴っちゃう。

自分と合わない相手に、時間とエネルギーを使うのは無駄な事なんです。
だって、育ってきた環境も価値観も違う人だったら合わなくて当然なの。相手を攻めるのもちがうし・・誰も悪くないの・・
それよりも、そんな相手とうまく距離を保ちつつ接する方法を考えようよ。

子供が”ちょっとこの子が嫌だな、合わないな”なんて思っている場合、うまく距離をおく方法を教える方が将来の役に立つと思っています。

娘の最近の悩み

最近、、私の娘の最近の悩みに、お友達関係の悩みがありました。。

普段は仲が良いのに、ふとした時仲間はずれにされたりする。もちろん、それを助けてくれる友達もいます。

「○○(娘)はその子と本当はどうしたいの?」

と聞きました。本人は、「みんなとずっと仲良く遊びたい。」と。

なら、その気持をきちんと相手につたえてごらん。自分が思っていることを伝えずに、あなたが仲間はずれにされるたびに自分が傷つくのは辛くない?そして、なにより、辛いときに助けてくれる友達がいる。それはすごい心強いよね!その子達を大切にしなさい。ありがとう!と。
そのほうがずっと楽しくいれるし、大切なことだよ。
その相手をどうするかなんて○○(娘)にも先生にもどうにもできないこともある。だったら、○○自身が出来ることをひとつずつやってみよう!!とひたすら、泣き止むまで寄り添い、わたしもつらい気持ちをグッと堪えて強く構えていました。

次の日の朝、いつもより元気に「いってきまーす!」と出ていった娘。

 

無理して、仲良くしなくてもいい。それよりも自分がどう距離をおいて接するか、周りをみてもっと大切なことがあると教えたい。その方が、将来大人になるにつれて断然役に立つ。

メンタルコーチ NATSUKI 

( → Facebook )  ( → Instagram )  

子育てママ・パパ向けのセッションも行っています

この記事をシェアする